コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火打 ひうちhorizontal brace

2件 の用語解説(火打の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火打
ひうち
horizontal brace

土台や桁など,直交する水平部材を補強するための斜材,または板をさす。外力によって隅角部が変形するのを防ぐ役目をもっている。火打土台,火打梁や家具,建具の隅に当てる火打板などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひうち【火打】

燧とも書く。木造建築小屋組みや床組みで,敷桁と梁,あるいは梁と胴差などからなる水平面の入隅部を斜めに結んで固め,風や地震などの水平力に対しての建物の変形を防ぐ短い部材。補強する部材に応じて火打梁とか火打土台ともいわれる。火打梁は敷桁または胴差と同寸または柱と同寸のものが用いられるが,L形鋼で代用されることもある。火打土台は基礎が弱い場合は土台と同寸の丸土台,コンクリートの布基礎のように強い場合は土台の二つ割の半土台ですませることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火打の関連情報