霊巌寺(読み)れいがんじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「霊巌寺」の解説

霊巌寺
れいがんじ

東京都江東(こうとう)区深川白河町にある浄土宗。山号は通本山東海院(どうほんざんとうかいいん)。1620年(元和6)ごろ、霊巌が沼地を埋めて霊巌島(中央区霊岸島)をつくり、本堂、庫裡(くり)、方丈(ほうじょう)などを建立したのに始まる。1657年(明暦3)大火で類焼したが、翌年現在地に替え地を得て再建された。三別院ができ、八か寺の子院、七谷90舎の学寮があって隆盛となったが、再三の焼失で縮小された。早くから関東十八檀林(だんりん)の一つとなり、多くの学僧を世に送り出して有名であった。のち松平定信(さだのぶ)の菩提(ぼだい)所としても知られた。

[玉山成元]

『大橋俊雄著『霊巌寺史』(1981・霊巌寺)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「霊巌寺」の解説

れいがんじ【霊巌寺 Líng yán sì】

中国,山東省長清県の泰山の北西,方山の麓にある仏寺。4世紀,北朝の前秦時代に天竺僧のが説法した地と伝え,初唐に慧崇(えすう)が中興,宋代に拡張整備されて以来,天台の国清寺江陵の玉泉寺,南京棲霞寺と並び天下四絶と称せられた。正殿の千仏殿は明代の再建だが,殿内の羅漢塑像40体は宋代の作。殿西側の辟支は北宋,11世紀半ば再建の8角9層塼(せん)塔で,頂に鉄刹をのせる。このほか魏代と伝える法定塔,唐代建立の慧崇塔をはじめ,元・明・清時代の墓塔群が林立する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android