コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井宗謙 いしい そうけん

2件 の用語解説(石井宗謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井宗謙 いしい-そうけん

1796-1861 江戸時代後期の蘭方医。
寛政8年生まれ。長崎でP.F.シーボルトにまなび,天保(てんぽう)3年美作(みまさか)(岡山県)勝山藩医となる。岡山で開業し,シーボルトの娘楠本いねに産科をおしえ,いねとの間に娘たかをもうけた。のち江戸詰めの勝山藩医となる。安政2年箱館奉行所通詞を命じられ,3年蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に出仕した。文久元年5月23日死去。66歳。美作出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石井宗謙

没年:文久1.5.23(1861.6.30)
生年:寛政8(1796)
江戸後期の蘭方医。美作国真嶋郡旦土村(岡山県落合町旦土)の医師石井信綱(一説に信正)の長男。27歳のころ長崎に遊学,蘭館医シーボルトに西欧医学を学び,『日本産昆虫図説』などをオランダ語に訳し,シーボルトに提出するほどの語学力に達した。シーボルトが国禁事件で離日(1829)後,間もなく帰郷,天保3(1832)年美作勝山藩医に任ぜられた。一時期岡山で開業。このときシーボルトの子楠本イネに産科を教えるとともに,イネとの間に娘たか子をもうけた。のち江戸に出て蕃書調所に出仕したが,地方小藩出身のためか才能を十分に発揮できなかった。<参考文献>中山沃『岡山の医学』,森本清丸『勝山町史』前編

(中山沃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石井宗謙の関連キーワード新宮涼庭五十嵐又碩石坂桑亀小森宗二斎藤方策杉田恭卿杉山帰一高須松亭三谷泰作

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone