コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井庄八 いしい しょうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井庄八 いしい-しょうはち

1926-1980 昭和時代のレスリング選手。
大正15年9月20日生まれ。昭和26年全日本選手権のバンタム級で優勝。翌年のヘルシンキ五輪でバンタム級フリースタイルで優勝,戦後日本初の金メダリストとなる。笹原正三ら後進をそだてた。昭和55年1月4日死去。53歳。千葉県出身。中央大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の石井庄八の言及

【レスリング】より

…全日本選手権大会(フリースタイルのみ)は34年に始まり,ライト級の風間栄一をはじめ,川守田順一郎,秋田勇太郎らの選手が優勝した。 第2次世界大戦後,第15回ヘルシンキ・オリンピック大会(1952)では石井庄八(フリースタイル・バンタム級)が日本人初の金メダルを獲得したほか5名の選手全員が入賞,続く第16回メルボルン大会(1956)でも,笹原正三,池田三男がフリースタイルのフェザー級とウェルター級に優勝し,イラン,トルコに次いで総合3位の成績を残した。57年にはグレコローマンスタイルも導入され,第17回ローマ大会(1960)にはフリースタイル,グレコローマンスタイル両種目に選手団を送ったが惨敗。…

※「石井庄八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石井庄八の関連キーワードヘルシンキ・オリンピック競技大会レスリング昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android