コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石城美夜部 いわきの みやべ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石城美夜部 いわきの-みやべ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
多珂国造(たかのくにのみやつこ)。「常陸国風土記(ひたちのくにふどき)」によれば,白雉(はくち)4年(653)孝徳天皇が全国に評(こおり)(郡)を設置したとき,多珂国がひろすぎて往来に不便なので,多珂郡(茨城県)と石城郡(福島県)に分割するよう,石城志許赤(しこあか)らと連名で申請した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android