コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石堂淑朗 いしどう としろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石堂淑朗 いしどう-としろう

1932-2011 昭和後期-平成時代のシナリオ作家。
昭和7年7月17日生まれ。松竹大船撮影所にはいり,渋谷実監督に師事。「太陽の墓場」「日本の夜と霧」など,大島渚(なぎさ)監督のシナリオ作成に協力。昭和36年フリーになる。「非行少女」「暗室」「無常」などの映画脚本を手がけ,「黒い雨」で平成元年アジア太平洋映画祭脚本賞,2年日本アカデミー賞。平成23年11月1日死去。79歳。広島県出身。東大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石堂淑朗の関連キーワードヒロシマ 原爆投下までの4ヶ月天草四郎時貞七瀬ふたたび熱血猿飛佐助ジャズ大名高良留美子眠れる美女火の国に幼年時代種村季弘墓場

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android