コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石室聖心大教堂 せきしつせいしんだいきょうどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

せきしつせいしんだいきょうどう【石室聖心大教堂】

中国の広東省省都、広州の珠江に近い一徳路の北側に建つカトリック教会。1863年から25年もの歳月をかけて造られたゴシック建築のカトリック教会で、花崗岩(かこうがん)で造られていることから「石室」と呼ばれる。中国最大で、最も高い尖塔がそびえている。ステンドグラスが印象的なこの教会は、フランス人の建築家により、パリのノートルダム大聖堂を参考にして建設された。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android