コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石小刀 いしこがたな

大辞林 第三版の解説

いしこがたな【石小刀】

打製石器の一。薄く鋭い刃をもつ切断用の石器。弥生時代中期に近畿地方で、サヌカイト製のものが用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石小刀
いしこがたな

打製石器の一種で切断用具。長さ5~6センチメートル、幅2センチメートル前後で、一端がかならずくちばし状に湾曲するのが特徴。日本では近畿地方の弥生(やよい)時代中期に顕著である。なお、縄文時代の石匙(いしさじ)を石小刀とよぶこともあるが一般的ではない。[戸沢充則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石小刀の関連キーワード住吉町遺跡戸沢充則宮滝遺跡打製石器