コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石小刀 いしこがたな

2件 の用語解説(石小刀の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いしこがたな【石小刀】

打製石器の一。薄く鋭い刃をもつ切断用の石器。弥生時代中期に近畿地方で、サヌカイト製のものが用いられた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石小刀
いしこがたな

打製石器の一種で切断用具。長さ5~6センチメートル、幅2センチメートル前後で、一端がかならずくちばし状に湾曲するのが特徴。日本では近畿地方の弥生(やよい)時代中期に顕著である。なお、縄文時代の石匙(いしさじ)を石小刀とよぶこともあるが一般的ではない。[戸沢充則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone