コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸沢充則 とざわ みつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸沢充則 とざわ-みつのり

1932-2012 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和7年10月19日生まれ。51年母校明大の教授。平成8年学長。埼玉県砂川遺跡の発掘調査など旧石器時代,縄文時代の研究に従事。12年発覚した旧石器捏造問題のさいには日本考古学協会の前・中期旧石器問題調査研究特別委員会委員長をつとめた。23年「シリーズ『遺跡を学ぶ』」の監修で毎日出版文化賞(企画部門)。平成24年4月9日死去。79歳。長野県出身。著作に「縄文時代史研究序説」「先土器時代文化の構造」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸沢充則の関連キーワード石槍(せきそう)月見野遺跡群置戸安住遺跡ナイフ形石器矢出川遺跡馬場平遺跡平沢良遺跡上の平遺跡茶臼山遺跡剥片石器茂呂遺跡多久遺跡野川遺跡樋沢遺跡敲打器石小刀尖頭器石皿石匙

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android