戸沢充則(読み)とざわ みつのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「戸沢充則」の解説

戸沢充則 とざわ-みつのり

1932-2012 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和7年10月19日生まれ。51年母校明大の教授。平成8年学長。埼玉県砂川遺跡発掘調査など旧石器時代,縄文時代の研究に従事。12年発覚した旧石器捏造問題のさいには日本考古学協会の前・中期旧石器問題調査研究特別委員会委員長をつとめた。23年「シリーズ『遺跡を学ぶ』」の監修で毎日出版文化賞(企画部門)。平成24年4月9日死去。79歳。長野県出身。著作に「縄文時代史研究序説」「先土器時代文化の構造」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android