コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石匙 いしさじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石匙
いしさじ

石匕とも書く。縄文時代石器の一種。動物の皮剥用ではないかとの説により,別名皮剥ともいう。細長いものと横型の二等辺三角形に近い形のものとがある。普通前者にはその一端,後者にはその頂点につまみ状の突起がついている。匙とはいうが刃物として用いられたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いし‐さじ【石×匙】

縄文時代の打製石器。長さ5センチ前後で、ナイフとして用いた。つまみの部分にひもを掛け、腰などに下げたらしい。石匕(せきひ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしさじ【石匙】

対応する二つの抉(えぐ)り込みによって形成されたつまみ部をもつ打製石器(図)。縄文時代に特徴的で,かつ普遍的な石器であるが,一部弥生時代にも残る。形態上では,つまみに対して刃部が直角につく横型と,刃部が平行につく縦型に大別しうる。刃部再生によって形態が変化することはあるが,この大別をこえるものではない。縄文時代早期に出現し,東北・北海道地方では早期のものは縦型が多く,近畿・中国地方では早・前期に横型が特徴的であるが,中期以降は形態の顕著な地域差はみられない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いしさじ【石匙】

縄文時代の打製石器の一。ケイ石・サヌカイト・黒曜石などで刃部と抉えぐりの入った突起を作り出す。動物の皮を剝いだり肉を裂いたりした。石匕せきひ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石匙
いしさじ

一端につまみ状の突起部があり、鋭い刃部をもつ打製石器。形状が匙に似るところから命名された。縄文時代の特徴的な石器である。刃部が、つまみ状突起部に対して直角に近いもの(縦型)と平行に近いもの(横型)がある。一般に東北、北海道の早期では縦型、近畿の前期では横型が中心で、中期以降は両者が全国的に分布する。石匙は樹木、動物の皮剥(かわは)ぎや肉切り用のナイフなど用途の広い道具であったと考えられる。また東北地方の石匙の突起部には天然アスファルトの付着した例があり、柄(え)をつけて使用した可能性もある。なお、木内石亭(きうちせきてい)の『雲根志(うんこんし)』(1773~1801)には「天狗(てんぐ)の飯匕(めしがい)」「狐(きつね)の飯匕」など石匙の記載がみられる。[戸沢充則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の石匙の言及

【スクレーパー】より

…中期旧石器時代以降各地でみられ,主として動物の解体・加工に用いられたと考えられる。縄文時代の石匙(いしさじ)もこの一種。【西田 泰民】。…

※「石匙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石匙の関連キーワード阿玉台貝塚(おたまだいかいづか)木内石亭(きうちせきてい)サルガ鼻洞窟住居跡小瀬ヶ沢洞穴長者ヶ原遺跡伊勢堂岱遺跡一ノ坂遺跡子母口貝塚北白川遺跡梨久保遺跡石(いし)杉沢台遺跡斉藤山遺跡サヌカイト戸沢充則平出遺跡里木貝塚打製石斧馬高遺跡黒曜石

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android