コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山孫六 いしやま まごろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石山孫六 いしやま-まごろく

1828-1904 幕末-明治時代の剣術家。
文政11年生まれ。祖父と父に小野派一刀流をまなぶ。宝蔵院流槍術(そうじゅつ),関口流柔術もおさめた。嘉永(かえい)6年から高知藩江戸藩邸で,維新後は高知警察署,海南学校などで剣道をおしえた。第1回の剣道範士。明治37年7月10日死去。77歳。江戸出身。名は郷直。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石山孫六の関連キーワード明治時代幕末

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android