コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石崎長久 いしざき ながひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石崎長久 いしざき-ながひさ

1819-1886 江戸後期-明治時代の弓術家。
文政2年生まれ。日置流(へきりゅう)竹林派の星野弥右衛門にまなぶ。天保(てんぽう)13年京都大仏殿(方広寺)の試合で日本一といわれた。明治15年新設された京都府体育場の弓術引立掛となる。明治19年12月23日死去。68歳。京都出身。本姓は戸田。通称は八郎。号は反求堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石崎長久の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android