コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川総管 いしかわ ふさかね

2件 の用語解説(石川総管の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川総管 いしかわ-ふさかね

1841-1899 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)12年8月9日生まれ。石川総貨(ふさとみ)の子。嘉永(かえい)2年常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩主石川家9代となる。慶応2年講武所奉行。3年若年寄となり陸軍奉行をかねた。鳥羽・伏見の戦い後,幕府の職をしりぞき,旧幕府軍につくか新政府軍に帰順するか進退きわまり,水戸薬王院に逃げこんだ。明治32年6月23日死去。59歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

石川総管

没年:明治32.6.23(1899)
生年:天保12.8.9(1841.9.23)
幕末の下館藩(茨城県)藩主。幕府官僚。嘉永2(1849)年藩主となる。講武所奉行を経て,慶応3(1867)年1月若年寄に進み陸軍奉行を兼ねた。翌明治1(1868)年1月鳥羽・伏見の戦での敗北ののち,徳川家職が縮小されるに伴い,同年2月辞職。譜代の小藩ということもあり,旧幕府軍にくみするか新政府に帰順するか態度を決し得なかった。同年4月旧幕府軍が城下に進入すると,笠間,次いで水戸薬王院に退き難を避けた。のち新政府に帰順し帰藩,同年10月参朝。版籍奉還に伴い下館藩知事,廃藩置県により免官。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石川総管の関連キーワード下館石川総親石川総安井上正信奥山李卿鈴木信篤鈴木信義中村兵左衛門(9代)有仁

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone