コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川総管 いしかわ ふさかね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川総管 いしかわ-ふさかね

1841-1899 幕末-明治時代の大名。
天保(てんぽう)12年8月9日生まれ。石川総貨(ふさとみ)の子。嘉永(かえい)2年常陸(ひたち)(茨城県)下館(しもだて)藩主石川家9代となる。慶応2年講武所奉行。3年若年寄となり陸軍奉行をかねた。鳥羽・伏見の戦い後,幕府の職をしりぞき,旧幕府軍につくか新政府軍に帰順するか進退きわまり,水戸薬王院に逃げこんだ。明治32年6月23日死去。59歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石川総管

没年:明治32.6.23(1899)
生年:天保12.8.9(1841.9.23)
幕末の下館藩(茨城県)藩主。幕府官僚。嘉永2(1849)年藩主となる。講武所奉行を経て,慶応3(1867)年1月若年寄に進み陸軍奉行を兼ねた。翌明治1(1868)年1月鳥羽・伏見の戦での敗北ののち,徳川家職が縮小されるに伴い,同年2月辞職。譜代小藩ということもあり,旧幕府軍にくみするか新政府に帰順するか態度を決し得なかった。同年4月旧幕府軍が城下に進入すると,笠間,次いで水戸薬王院に退き難を避けた。のち新政府に帰順し帰藩,同年10月参朝。版籍奉還に伴い下館藩知事,廃藩置県により免官

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

石川総管の関連キーワード没年

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android