コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川郎女(2) いしかわの いらつめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川郎女(2) いしかわの-いらつめ

?-? 飛鳥(あすか)-奈良時代の歌人。
天武天皇(在位673-686)の時代に大津皇子と歌を贈答して通じ,草壁皇子からも歌をおくられた。のち大伴田主(おおともの-たぬし)・宿奈麻呂(すくなまろ)兄弟に恋の歌をおくった。別人説もある。別名に大名児(おおなご),山田郎女。石川女郎ともかく。
【格言など】吾(あ)を待つと君が濡(ぬ)れけむあしひきの山のしづくに成らましものを(「万葉集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android