コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石数船 こくすうせん

3件 の用語解説(石数船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石数船
こくすうせん

石積 (こくづみ) 船。 1884年に公布された船舶測度法によって,和船系の貨物船の大きさを西洋型船と同じように総容積ではかることになり,その際 100立方尺を 1tとする西洋型に対応させるため,10立方尺をもって1石とすることに容積単位を決め,伝統的な呼称である積み石数で総容積を表わすことにした船をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こくすうせん【石数船】

和船の明治以後の呼称の一。船舶の登簿に際して和船の大きさを石数で算出したところから。西洋型船をトン数船というのに対する。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

石数船の関連キーワード井上馨キンダー佐竹義尭ジョイナーローレツ清元梅吉甲申政変ハムギアルコール発酵飯田事件

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone