コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石数船 こくすうせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石数船
こくすうせん

石積 (こくづみ) 船。 1884年に公布された船舶測度法によって,和船系の貨物船の大きさを西洋型船と同じように総容積ではかることになり,その際 100立方尺を 1tとする西洋型に対応させるため,10立方尺をもって1石とすることに容積単位を決め,伝統的な呼称である積み石数で総容積を表わすことにした船をいう。むろん,江戸時代の1石,つまり米1石相当の積載重量 (約 150kg) の石とは無関係であるから,注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくすう‐せん【石数船】

大きさを石数で言い表した船。五百石船・千石船など。大きさをトン数で表示する西洋型船に対して、旧来の和船をいったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こくすうせん【石数船】

和船の明治以後の呼称の一。船舶の登簿に際して和船の大きさを石数で算出したところから。西洋型船をトン数船というのに対する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

石数船の関連キーワードスベルドラップ(Johan Sverdrup)ウィリアムズキンダークロイツァー洪英植ジョイナートルーマンブリスクヘリゲルリデル

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android