コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石果 セキカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石果
せきか

多肉果の一種で、核果ともいう。中果皮が多肉化し、内果皮の細胞は石(せき)細胞となり、堅い核をつくる。この堅い核の中に種子がある。石果のうち、とくに小さいものを小石果(小核果)といい、キイチゴの果実は小石果が集まった集合果である。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石果の言及

【実】より

…アケビのように裂開するものもあるが,ふつうは裂開しない。内果皮が堅くならないものと堅くなるものがあり,前者を漿果(しようか)berry,後者を核果(石果)drupeとして分ける。漿果にはブドウ,レモン,メロン,バナナが,核果にはクワ,モモ,オリーブ,ココヤシがある。…

※「石果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

石果の関連キーワードニンジンボク(人参木)ハスノハギリ(蓮葉桐)ビャクダン(白檀)果実(植物)ボロボロノキヌマミズキウメモドキカヤ(榧)イボタノキツバキ科本郷 隆マチン科集合果黒鉄黐針葉樹果実熊柳液果

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石果の関連情報