石果(読み)セキカ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石果
せきか

多肉果の一種で、核果ともいう。中果皮が多肉化し、内果皮の細胞は石(せき)細胞となり、堅い核をつくる。この堅い核の中に種子がある。石果のうち、とくに小さいものを小石果(小核果)といい、キイチゴの果実は小石果が集まった集合果である。[吉田 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石果の言及

【実】より

…アケビのように裂開するものもあるが,ふつうは裂開しない。内果皮が堅くならないものと堅くなるものがあり,前者を漿果(しようか)berry,後者を核果(石果)drupeとして分ける。漿果にはブドウ,レモン,メロン,バナナが,核果にはクワ,モモ,オリーブ,ココヤシがある。…

※「石果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石果の関連情報