集合果(読み)しゅうごうか(英語表記)multiple fruit; syncarp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「集合果」の解説

集合果
しゅうごうか
multiple fruit; syncarp

多花果複果ともいう。多数の花に由来した果実が集って,外見上一つの果実となっているもの。花托が多肉質に発達するなどして,これが果実状を呈し,個々の果実は種子のような印象を与える。イチゴイチジククワアナナスなどがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「集合果」の解説

集合果
しゅうごうか

一つの花の中の多数の雌しべが成熟してできる果実。キイチゴは中果皮が液状となった多数の石果の集まりである。また、イチゴは花托(かたく)が膨らみ、その表面に雌しべが発達して果実となった集合果である。

[吉田 治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「集合果」の解説

しゅうごう‐か シフガフクヮ【集合果・聚シュウ合果】

〘名〙 果実の一型。二個以上の心皮からできた果実が集合して、単一の果実のように見えるものの総称。イチジク、オランダイチゴ、クワなど。多花果。複果。⇔単果。〔生物学語彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の集合果の言及

【実】より

…そのうち最も伝統的で,一般的に使われているのは,花序,花,めしべの形態を重視して,次のように4型に大別する方法である。(1)単果simple fruit 一つのめしべをもつ花にみられ,実は主に子房が発達したもの,(2)複合果aggregate fruit 二つ以上の離生めしべをもつために,一つの花に複数の実ができるもの(個々の実を小果fruitletともいう),(3)集合果multiple fruit 見かけ上一つの実のように見えるが,多数の花に由来した実が密に集まったもの,さらに前述した(4)装飾果(偽果)である。 単果としてはモモ,マメ,ミカン,マンゴー,カキ,トマト,ピーマンなどがある(図1-a)。…

※「集合果」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android