コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内果皮 ナイカヒ

デジタル大辞泉の解説

ない‐かひ〔‐クワヒ〕【内果皮】

果実の内部種子を直接包んでいる部分。梅・ミカンの袋など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

内果皮

 果皮の最も内側にある層.ウメなどはかたい殻になっている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ないかひ【内果皮】

果皮の最内層で、種子を包む層。種によって発達の程度は異なり、ウメ・モモなどの核果では厚くかたく、スイカなどの液果では液質。 → 果皮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

内果皮の関連キーワードポリオキシエチレン高級脂肪族アルコールハマジンチョウ(浜沈丁)ココヤシ(古々椰子)コクサギ(小臭木)アシノーズ組織マーマレード果実(植物)ミカンパルプコロゾナットヤブコウジ科アブラヤシハハスヤシオオミヤシモチノキ科ココナッツ蜜柑状果厚膜組織ココヤシクワクサアルベド

内果皮の関連情報