コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石橋宗吉 いしばし そうきち

1件 の用語解説(石橋宗吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石橋宗吉 いしばし-そうきち

1901- 大正-昭和時代の漁師。
明治34年7月27日生まれ。千葉県勝浦の網元弥惣兵衛(やそべえ)をつぐ。漁具や漁法の改良につとめ,1本の道糸に100本の擬餌鉤(ぎじばり)をつける「ハイカラ釣り」などを開発した。みずから「魚の胎(はら)から生まれた男」と称した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

石橋宗吉の関連キーワード青木熊吉庵政三伊藤公平奥田亀造垣花善金子隆沢春蔵高島信義寺本忠雄不破章

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone