コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石油代替エネルギー法 セキユダイタイエネルギーホウ

1件 の用語解説(石油代替エネルギー法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきゆだいたいエネルギー‐ほう〔‐ハフ〕【石油代替エネルギー法】

《「石油代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律」の通称》石油代替エネルギーの開発・促進に関して規定する法律。昭和55年(1980)制定。平成21年(2009)、地球温暖化対策促進などの観点から同法の見直しが行われ、「非化石エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律」(通称「非化石エネルギー法」)に改称された。代エネ法。→新エネルギー利用特別措置法
[補説]石油代替エネルギーとは、原油揮発油重油など省令で定められた石油製品を含む石油の代わりに燃焼に用いられるものや、石油以外のものを熱源として得られた熱・動力・電気など。平成9年(1997)、同法の促進などを目的に「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」(通称「新エネルギー法」)が施行された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

石油代替エネルギー法の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー新エネルギー・産業技術総合開発機構一次エネルギー省エネルギー法石油代替エネルギー促進法代エネ法非化石エネルギー法エネルギー学