石油代替エネルギー法(読み)セキユダイタイエネルギーホウ

デジタル大辞泉の解説

せきゆだいたいエネルギー‐ほう〔‐ハフ〕【石油代替エネルギー法】

《「石油代替エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律」の略称》石油代替エネルギーの開発・促進に関して規定する法律。昭和55年(1980)制定。平成21年(2009)、地球温暖化対策促進などの観点から同法の見直しが行われ、「非化石エネルギーの開発及び導入の促進に関する法律」(通称「非化石エネルギー法」)に改称された。代エネ法。→新エネルギー利用特別措置法
[補説]石油代替エネルギーとは、原油揮発油重油など省令で定められた石油製品を含む石油の代わりに燃焼に用いられるものや、石油以外のものを熱源として得られた熱・動力・電気など。平成9年(1997)、同法の促進などを目的に「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」(通称「新エネルギー法」)が施行された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android