石瀬屋六兵衛(読み)いしぜや ろくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石瀬屋六兵衛 いしぜや-ろくべえ

1755-1789 江戸時代中期の人。
宝暦5年生まれ。越中(富山県)高岡の住人。5歳で父と死別して母と兄とに養育される。兄の早世後は昼夜はたらきとおしてまずしい家計をささえ,老母によく孝養をつくし,天明元年加賀金沢藩主から賞され,3人扶持(ぶち)をあたえられた。寛政元年7月12日死去。35歳。幼名は弥三。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android