高岡(読み)たかおか

  • 地名

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮崎県中部,宮崎市西部の旧町域。宮崎平野の南西部に位置する。 1920年町制。 1955年穆佐村と合体。 2006年宮崎市に編入。江戸時代は薩摩藩領で,1600年島津氏築城,以後集落として発展。西部の去川にはの日向口の押さえとして関所が置かれた。主産業は農業で,米,ミカン,野菜などを産する。高岡の月知梅 (げっちばい) ,去川のイチョウはともに国の天然記念物。穆佐城跡 (むかさじょうあと) は国の史跡
高知県中部,仁淀川下流西岸に位置する土佐市の中心市街地。国道 56号線沿いに開ける。旧町名。 1958年近隣町村と合体,59年土佐市となる。戦国時代の市場町起源をもち,かつては手すき和紙生産が盛んで,紙問屋も多かったが,現在は機械すき和紙業に代っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高岡の関連情報