高岡(読み)たかおか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「高岡」の解説

高岡
たかおか

宮崎県中部,宮崎市西部の旧町域。宮崎平野の南西部に位置する。 1920年町制。 1955年穆佐村と合体。 2006年宮崎市に編入。江戸時代は薩摩藩領で,1600年島津氏築城,以後集落として発展。西部の去川にはの日向口の押さえとして関所が置かれた。主産業は農業で,米,ミカン,野菜などを産する。高岡の月知梅 (げっちばい) ,去川のイチョウはともに国の天然記念物。穆佐城跡 (むかさじょうあと) は国の史跡

高岡
たかおか

高知県中部,仁淀川下流西岸に位置する土佐市の中心市街地。国道 56号線沿いに開ける。旧町名。 1958年近隣町村と合体,59年土佐市となる。戦国時代の市場町起源をもち,かつては手すき和紙生産が盛んで,紙問屋も多かったが,現在は機械すき和紙業に代っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

普及版 字通「高岡」の解説

【高岡】こうこう(かうかう)

高い岡。〔周南、巻耳〕彼の高岡に陟(のぼ)れば 我が馬玄(げんくわう)(疲れて毛色衰える)

字通「高」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android