コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石灰質堆積物 せっかいしつたいせきぶつcalcareous sediment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石灰質堆積物
せっかいしつたいせきぶつ
calcareous sediment

生物遺骸に由来する炭酸カルシウムを主とする堆積物。おもな生物は,沿岸域ではサンゴ貝類棘皮動物,深海の石灰質堆積物の例としては有孔虫類翼足類,石灰質ナンノプランクトンを多く含む軟泥などがある。生産量の多い赤道海域と,陸源物質の流入が少ない乾燥帯で炭酸カルシウムの濃度が高くなる傾向がある。4000m以深に存在する炭酸塩補償深度 CCD以深では消失する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

石灰質堆積物の関連キーワードリソカルシシルタイトガルベンシィフェル気成接触変成岩チェルノーゼム蒸発岩炭酸塩海底堆積物沼沢地石灰オーライトペレット砂苦灰石苦灰岩

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石灰質堆積物の関連情報