コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田源右衛門 いしだ げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田源右衛門 いしだ-げんえもん

?-? 江戸時代後期の豪農。
越後(えちご)(新潟県)頸城郡(くびきぐん)顕聖寺(けんしょうじ)村の人。文政11年(1828)の三条地震のとき,私財を投じて被災者をすくい,慈善源右衛門といわれた。道路をつくり橋をかけて郷土に貢献。高田藩より名字帯刀をゆるされ,郷士(ごうし)格となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石田源右衛門の関連キーワード豪農

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android