石立 鉄男(読み)イシダテ テツオ

新撰 芸能人物事典 明治~平成「石立 鉄男」の解説

石立 鉄男
イシダテ テツオ


職業
俳優

生年月日
昭和17年 7月31日

出生地
神奈川県 横須賀市

学歴
三浦高卒,俳優座養成所(第13期生)〔昭和39年〕卒

経歴
高校卒業後の昭和36年、俳優座養成所に13期生として入所。39年卒業後、文学座研究生となり、40年「花咲くチェリー」で初舞台。41年文学座座員となり、45年退団。この間、38年テレビドラマ「夏」でデビュー。39年には「血とダイヤモンド」で映画初出演。42年からの〈若者たち〉シリーズでは親しみやすい風貌と自然な演技で働く若者を鮮やかに演じた。45年頃から活動の場をテレビに移し、1970〜80年代、アフロヘアと独特の口調で知られる個性派俳優として活躍。「おくさまは18歳」「雑居時代」「水もれ甲介」「気まぐれ天使」などコメディ・タッチのホームドラマで次々と主役を演じ、軽妙な二枚目半役として人気を確立した。中でも47年の「パパと呼ばないで」では当時人気子役だった杉田かおると叔父・姪コンビで共演して大人気となり、杉田演じる姪の千春を呼ぶ時のセリフ“おい、チー坊”はよく物まねもされた。これらの他、「スチュワーデス物語」「少女に何が起こったか」といった大映テレビ製作によるテレビドラマの常連で、「少女に何が起こったか」では深夜0時にピアノを練習する主人公のもとを訪れて“薄汚ねえシンデレラ!”と脅す憎まれ役の刑事を演じ、このセリフも流行した。また1980年代後半にはエースコックの「わかめラーメン」のCMに出演、“お前はどこのわかめじゃ〜”のセリフでもお茶の間に親しまれた。平成19年急性動脈瘤破裂のため自宅で急逝、テレビは5月の「ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW」への出演が、映画は2月公開の「キャプテントキオ」が遺作となった。他の出演作に映画「殺人者」「愛の渇き」「ピンクレディーの活動大写真」「そろばんずく」「ドン松五郎の大冒険」「激動の1750日」「蔵」、ドラマ「夜明けの刑事」「赤い絆」「噂の刑事トミーとマツ」「秘密のデカちゃん」「天まであがれ!」「おんな風林火山」「どっきり天馬先生」「八代将軍吉宗」、舞台「夕食は外でしたら」「おかしな二人」など。昭和43年女優の吉村実子と結婚したが、平成11年離婚した。

没年月日
平成19年 6月1日 (2007年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典「石立 鉄男」の解説

石立 鉄男 (いしだて てつお)

生年月日:1942年7月31日
昭和時代;平成時代の俳優
2007年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android