石製合子(読み)せきせいごうす

世界大百科事典 第2版の解説

せきせいごうす【石製合子】

蓋のある石製容器一種(合子)。エジプト先王朝時代や中国の殷代などにもあるが,日本では古墳時代副葬品として出土する。碧玉製と滑石製とがある。碧玉製品には,直径3~10cmの円い平面形をなし,底部四方に短脚をそなえたものと,楕円形で無脚のものとがある。これらは4世紀の古墳から出土する。一方,滑石製品は,楕円形の無脚品に限られ,5世紀の遺品である。碧玉製品よりも大きいものが含まれ,長径21.5cm,短径15.5cm,高さ18.0cmをはかる京都府城陽市平川車塚古墳出土品は,石製合子として最大である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android