コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石製合子 せきせいごうす

1件 の用語解説(石製合子の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきせいごうす【石製合子】

蓋のある石製容器の一種(合子)。エジプト先王朝時代や中国の殷代などにもあるが,日本では古墳時代副葬品として出土する。碧玉製と滑石製とがある。碧玉製品には,直径3~10cmの円い平面形をなし,底部の四方に短脚をそなえたものと,楕円形で無脚のものとがある。これらは4世紀の古墳から出土する。一方,滑石製品は,楕円形の無脚品に限られ,5世紀の遺品である。碧玉製品よりも大きいものが含まれ,長径21.5cm,短径15.5cm,高さ18.0cmをはかる京都府城陽市平川車塚古墳出土品は,石製合子として最大である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石製合子の関連キーワードエジプト暦出エジプト記エジプト鼠エジプト綿エジプト文字アスプエジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone