コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂の物 スナノモノ

デジタル大辞泉の解説

すな‐の‐もの【砂の物】

立花の様式の一。横幅を広く活ける形式で、違い棚の下に活ける花の形から発展したもの。砂鉢に立て、砂・小石で根元を固定する。すなもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなのもの【砂の物】

生け花の形式の一。砂鉢に木の株を立て、砂を入れて固定するもの。安土時代に一株立・二株立に形式がととのい、違い棚の下の重じゆうから床の間に進出した。桃山時代以降は近景を表現するものとされた。すなもの。株立。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂の物
すなのもの

いけ花の古典的様式の一つ。株立てともいい、元来、鉢に砂を入れて草木を挿したところから生まれた花の呼称。室町時代、座敷飾りのいけ花として、違い棚の下に飾られるようになって、高さに比べ横幅の広い形式をとり、一つの鉢に2株、3株、5株といけられた。しかしその技法は明らかでなく、のちに「砂の物は立花の略儀なるもの也(なり)」「一榾(ひとかぶ)・二榾」(『立華正道集』1684年初版)に示すように、立花様式のなかに取り入れられ、草の立花として扱われるようになった。一株立てのものと二株立てのものがあり、違い棚のみならず床飾りの花としても用いられた。砂の物が草体として自由闊達(かったつ)な性格を開花発展させるのは、2代池坊(いけのぼう)専好、その弟子大住院以信(だいじゅういんいしん)といった名手たちの出現によってで、1678年(延宝6)正月、本能寺開山二百年忌の際に以信は高さ2間2尺(約4.2メートル)横6間2尺(約11.4メートル)という砂の物の大立花をいけている。[北條明直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

砂の物の関連キーワード廊坊立花伝書瓶花容導集大住院以信池坊専順安土時代男重宝記立花大全双花瓶床の間生け花胴束とと盛花近景立華

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android