コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂鉢/沙鉢/皿鉢 サハチ

デジタル大辞泉の解説

さ‐はち【砂鉢/沙鉢/皿鉢】

《「あさはち(浅鉢)」の》浅くて大きな磁器の鉢。

すな‐ばち【砂鉢】

焼き方の粗末な鉢。砂色をしている。
立花で、「砂の物」に用いる水盤状の花器陶製または金属製が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すなばち【砂鉢】

焼き方の粗末な砂色の鉢。
華道で、砂を入れて花を立てる、口が広く背の低い花器。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

砂鉢/沙鉢/皿鉢の関連キーワード華道砂色

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android