研歯(読み)けんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

研歯
けんし

歯牙変工の一つで,やすりで歯をとがらせたり,歯に刻みを入れたりするもの。中央アフリカアザンデ族ベトナムジャワ島スマトラ島などインドネシアの諸民族の間で,主として成年あるいは結婚の印として行われた。日本でも縄文時代後期から弥生時代にかけての人骨にその痕跡が認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の研歯の言及

【抜歯】より


【習俗としての抜歯】
 世界には,抜歯を慣習として行う民族もある。歯を削る尖歯や研歯とともに,歯牙変工の一技法であり,広くは身体変工の一種とも考えられる。抜歯は成年式儀礼の一部として行われるのが一般的である。…

※「研歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android