コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砥粒加工 とりゅうかこうabrasive machining

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砥粒加工
とりゅうかこう
abrasive machining

溶融アルミナ (コランダム) ,炭化ケイ素 (カーボランダム) ,ダイヤモンドなどきわめて硬い鉱物質の粒子 (砥粒という) を切刃と同じように作用させて工作物をわずかずつ削りながら,所要の形状,寸法,表面状態にする加工法。砥粒は,硬さや耐摩耗性のほかに,適当な破砕性をもち,破砕面が次々と新しい切刃の作用をすることが要求され,粒子の大きさも重要な因子となるので粒子番号 (通常メッシュ番号。ただしエメリー紙の場合は特殊な番号のつけ方がある) がつけられている。加工法には,砥粒を結合剤で固めた砥石による方法 (研削ホーニングなど) と,砥粒がばらばらの状態で使用する方法 (ラップ仕上げ液体ホーニングなど) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

砥粒加工の関連キーワードベークライト砥石砥粒加工学会超音波加工ラッピングバフ仕上げ切削加工研磨

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android