コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砥粒 トリュウ

デジタル大辞泉の解説

と‐りゅう〔‐リフ〕【×砥粒】

研磨に用いる硬い粒子。鉄鋼や焼入れ鋼などの鉄系材質に向くアルミナ系砥粒(アランダム)、石や鋳鉄といった硬くてもろい材質に向く炭化ケイ素系砥粒(カーボランダム)などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とりゅう【砥粒 abrasive grain】

ものを研ぐ,削る,磨くなどのために使われる高硬度の粒状または粉末状の物質の総称。人造品および天然産のものがあるが,人造品を用いることが多い。砥粒を使った加工の歴史は,遠く石器時代の昔にさかのぼり,磨製石器の製作に,天然といし(砥石)によるホーニングとか,前加工時に生じた石の砕片や砂によるラッピングが適用されたと思われる。くだって,古代の玉磨きや金属鏡の仕上げ,中世における刀剣研磨やレンズ磨きなど,多方面で用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砥粒の関連キーワード炭化ホウ素(炭化硼素)研削といし(研削砥石)ベークライト砥石不二精機製造所液体ホーニングラップ仕上げ砥粒加工学会バレル仕上げバフ仕上げバフ研磨剤ラップ磨き超音波加工超仕上げ摩耗試験切削工具切削加工ボラゾン窒化硼素研削加工研削砥石

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android