破却(読み)ハキャク

デジタル大辞泉の解説

は‐きゃく【破却】

[名](スル)原形をとどめないように、すっかりこわすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はきゃく【破却】

( 名 ) スル
こわすこと。めちゃめちゃにすること。 「法を-する/民約論

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

は‐きゃく【破却】

〘名〙
① こわすこと。すっかりこわして、原形をとどめないようにすること。破壊。
※菅家文草(900頃)六・対残菊待寒月「月初破却菊纔残、漁夫樵夫抑意難」
※太平記(14C後)一八「一院を破却(ハキャク)せよとて」
② 打ち破って追いしりぞけること。
※集義和書(1676頃)三「仏祖の流と申候はば、〈略〉其破却かぎりあるまじく候」 〔新唐書‐羅芸伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

破却の関連情報