コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬化療法(読み)こうかりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬化療法
こうかりょうほう

食道静脈瘤 (りゅう) に硬化剤を注入して,これを硬化させてしまう方法。硬化剤が入らなかった静脈瘤はそのまま残ってしまうので,数回の硬化療法を繰り返す必要があるが,65歳以上の高齢者や肝障害が比較的強い患者,過去に静脈瘤の出血がなく,静脈瘤もそれほどひどくない患者に予防的に治療する場合に行なわれる。かつては肝硬変の患者の3分の1は食道静脈瘤破裂による出血で死亡していたが,この硬化療法や手術療法の進歩で,静脈瘤破裂による大量出血で死亡する患者は激減した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android