コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧玉渓 ヘキギョクケイ

デジタル大辞泉の解説

へきぎょく‐けい【碧玉渓】

宮城県南部にある渓谷白石川下流に約4キロメートルにわたり深い峡谷をつくっている。徳富蘇峰によって名付けられた。上流には小原(おばら)渓谷がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碧玉渓
へきぎょくけい

宮城県南部、白石(しろいし)市内を流れる白石川の渓谷。市街地の西方約4キロメートルで北から東へ流路を変えるが、この付近から上流の小原(おばら)温泉までの約3キロメートルのV字形の峡谷をいう。命名は徳富蘇峰(そほう)による。約2キロメートルの遊歩道がある。川に沿って国道113号が走り、JR東北新幹線白石蔵王(ざおう)駅からバスの便がある。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

碧玉渓の関連キーワード白石(市)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android