コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小原 おばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小原
おばら

愛知県北部,豊田市北部の旧村域。美濃三河高原にある。 1906年村制。 2005年豊田市に編入。窯業原料のケイ砂,粘土の産地で,自給的水田農業地域。古くから和紙製造が行なわれ,1936年頃から「小原工芸紙」と呼ばれて絵画,屏風などに利用され,和紙工芸は特に名高い。南部の矢作川流域一帯は愛知高原国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おはら【小原】

姓氏の一。

おばら【小原】

姓氏の一。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小原
おばら

愛知県中北部、西加茂(にしかも)郡にあった旧村名(小原村(むら))。現在は豊田(とよた)市の北部を占める一地区。2005年(平成17)豊田市に編入。岐阜県と接する山村で、美術工芸和紙の「小原和紙」が有名。国道419号が通る。米作のほか、鶏卵、シイタケやマイタケなどのキノコ栽培が盛ん。小原和紙は江戸時代からあった番傘用の和紙「三河森下(みかわもりした)紙」を生かした独特な和紙工芸で、美術工芸家の藤井達吉(ふじいたつきち)(碧南(へきなん)市出身)の指導によって生まれた。藤井はコウゾを原料とする森下紙の製法に着目し、村の青年たちに、独特な紙漉(す)き、染め、図案などを総合した和紙工芸の技術を教えた。青年たちのなかからは日展審査員を含む日展作家数名も輩出している。[伊藤郷平]
『『小原村誌』(1964・小原村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の小原の言及

【大原】より

…京都市左京区北東部にあり,比叡山西麓を流れる高野川上流に位置する小盆地全体の呼称。本来は〈おはら〉といい,〈小原〉とも書いた。京都から北へ向かう若狭街道(現,国道367号線)が縦貫し,平安時代以来延暦寺にかかわる勝林院,来迎院,三千院などの名刹(めいさつ)が多く,八瀬,大原と併称された。…

※「小原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小原の関連情報