碧羅(読み)へきら

精選版 日本国語大辞典「碧羅」の解説

へき‐ら【碧羅】

〘名〙 みどり色のうす絹。また、青空やみどりの山のたとえ。碧紗。
※和漢朗詠(1018頃)上「野草芳菲たり紅錦の地 遊絲繚乱たり碧羅の天〈劉禹錫〉」 〔祖詠‐古意詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android