確率波(読み)かくりつは

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

量子力学の物理的理解がまだ確立していないとき、M・ボルンが提唱した波動力学の解釈をいう。
 1926年にシュレーディンガーが、粒子の量子力学的運動方程式として今日も用いられている、シュレーディンガーの波動方程式を提起したのち、この方程式の解である波動の解釈をめぐって論争が続いた。シュレーディンガーは粒子そのものが波動であると考えた。これに対してボルンは、シュレーディンガー方程式の解として得られる一次元の波動を分析し、入射波の振幅Ce、反射波の振幅caと透過波の振幅Caの間に|Ce|2=|ca|2+|Ca|2の関係があり、|ca|2と|Ca|2とを粒子の運動の分岐の確率と考えた。さらにボルンは、この解釈に基づき、粒子の運動は確率法則に従うが、確率自体は因果法則に従うと主張した。このようにしてボルンは、シュレーディンガー方程式の解である波動に確率波という解釈を与え、量子力学の正しい物理的理解への道を開いた。[田中 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android