磁針方位(読み)じしんほうい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磁針方位
じしんほうい

磁石(磁気コンパス)の針がさす北。磁北ともいう。真北すなわちその地点を通る経線の北方向より多少ずれている。その違いが磁針偏差で、地球上の場所により異なるが、日本では6度(九州)から9度(北海道)ぐらい西に偏っている(南西諸島や小笠原(おがさわら)などでは、もっと偏りが少ない)。国土地理院発行の地形図には、そのおよその値が載っているので、磁石を用いて地形図を正しい方位に置くことができる。なお、磁針偏差の値は、永年の間にゆっくりと変化している。[五條英司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android