コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁鉄鉱ヘグボマイト岩 じてっこうヘグボマイトがんmagnetite-högbomitite

岩石学辞典の解説

磁鉄鉱ヘグボマイト岩

灰色のヘグボマイト(högbomite)の無数の結晶からなる岩石で,時に片状の白い(hydrargillite)が黒い磁鉄鉱─チタン鉄鉱の基盤中に含まれる[Gavelin : 1917].ヘグボマイトはMg(Al, Fe, Ti)4O7の組成をもつ,RO・2R2O3の複雑な組成のスピネル族の鉱物で,R2O3はおもにAl2O3およびFe2O3で,ある程度の量のTiO2を伴う.鉱物の量比によってヘグボマイト磁鉄鉱岩ともなる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

磁鉄鉱ヘグボマイト岩の関連キーワードウーライト魚卵石ウーモルディック・チャートアストラカナイトビョルンスジョ岩オデガルダイトノルドスジョ岩アルノー岩ケルン(ドイツ)エートヴェーシュ単位

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android