磁鉄鉱ヘグボマイト岩(読み)じてっこうヘグボマイトがん(英語表記)magnetite-högbomitite

岩石学辞典の解説

磁鉄鉱ヘグボマイト岩

灰色のヘグボマイト(högbomite)の無数の結晶からなる岩石で,時に片状の白い(hydrargillite)が黒い磁鉄鉱─チタン鉄鉱の基盤中に含まれる[Gavelin : 1917].ヘグボマイトはMg(Al, Fe, Ti)4O7の組成をもつ,RO・2R2O3の複雑な組成のスピネル族の鉱物で,R2O3はおもにAl2O3およびFe2O3で,ある程度の量のTiO2を伴う.鉱物の量比によってヘグボマイト磁鉄鉱岩ともなる.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android