コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁鋼片 じこうへん magnetic link

1件 の用語解説(磁鋼片の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じこうへん【磁鋼片 magnetic link】

落雷によって発生する雷撃電流の大きさを記録する装置。永久磁石を作るのに用いられる磁鋼材を細長く切り絶縁物で包んだ円柱形で,直径1cm,長さ5cm程度,もっと小さいものもある。これを避雷針や送電線の鉄塔などの近くに設置しておく。雷撃電流が流れるとその磁界によって磁鋼材が磁化されるので,あとから磁鋼片の残留磁気を測れば雷撃電流の大きさを知ることができる。 電力事業開始以来,雷害に苦しめられてきたが,1932年に磁鋼片がアメリカで発明され,その簡便さから多数の雷撃電流の実測値が得られ,送電線の耐雷設計の進歩に貢献した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁鋼片の関連キーワード界雷自己誘導電流計インパルス雷火雷撃ウィーデマン効果衝撃電流大鼓・小鼓リスク値

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone