磊々峡(読み)らいらいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磊々峡
らいらいきょう

宮城県中部,名取川中流部の峡谷。仙台市の中南部,秋保温泉のある河岸段丘名取川が下刻してできた約 1kmの長さの峡谷で,石英安山岩質角礫凝灰岩甌穴 (おうけつ) と奇岩怪石がすばらしい。温泉入口ののぞき橋からの眺めがよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕磊々峡(らいらいきょう)


宮城県仙台市、名取(なとり)川中流部にある峡谷。延長約1km。石英安山岩(せきえいあんざんがん)質の凝灰岩(ぎょうかいがん)からなる巨岩・奇岩が続く。岩石は秋保(あきう)石として建築石材に利用される。秋保温泉が湧出(ゆうしゅつ)。峡谷沿いに散歩道が通じる。二口峡谷(ふたくちきょうこく)県立自然公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磊々峡
らいらいきょう

宮城県中部、仙台市太白(たいはく)区秋保(あきう)地区にある名取川中流の峡谷。秋保温泉付近から約1キロメートルにわたって、石英安山岩質凝灰岩の奇岩、怪石が続く。石英安山岩質角礫(かくれき)凝灰岩は秋保石とよばれ、堅硬で耐火性に富み、建築石材に利用される。県立自然公園二口(ふたくち)峡谷に含まれ、遊歩道も整備されている。仙台駅からバスの便がある。[境田清隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の磊々峡の言及

【名取川】より

…幹川流路延長55km,全流域面積939km2。奥羽山脈の二口峠(934m)付近に発し,上・中流部では第三紀の凝灰岩を切って二口峡谷や磊々(らいらい)峡の奇勝をつくり,中・下流部で碁石川,広瀬川などを合わせて仙台湾に注ぐ。上流に二口温泉(セッコウ泉,23~32℃),秋保(あきう)温泉(食塩泉,24~60℃)があり,碁石川には釜房ダムがある。…

※「磊々峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android