コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二口峡谷 フタクチキョウコク

デジタル大辞泉の解説

ふたくち‐きょうこく〔‐ケフコク〕【二口峡谷】

宮城県中央部、仙台市の南西部にある峡谷名取川上流にあり、そそり立った大岩壁の磐司(ばんじ)岩や秋保(あきう)大滝などの景勝地がある。長さ8キロメートル。県立自然公園二口峡谷に属する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふたくちきょうこく【二口峡谷】

宮城県中部を流れる名取川最上流にあたり,秋保(あきう)大滝から山形県境の二口峠(934m)までの約8kmの峡谷をいう。大東岳(1366m)山麓の凝灰岩の崩壊・浸食によって大断崖が生じ,表磐司(おもてばんじ),裏磐司,日蔭磐司と呼ばれる景勝をつくり,甌穴(おうけつ)と滝が結合した姉滝(天)や高さ55mの秋保大滝(名)の奇勝もある。二口峠には江戸時代の二口御境目番所跡がある。本小屋に二口温泉(セッコウ泉,23~32℃)が湧出し,大東岳の登山基地となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕二口峡谷(ふたくちきょうこく)


宮城県仙台(せんだい)市太白(たいはく)区の西部、名取(なとり)川上流部にある峡谷。延長約10km。名瀑(めいばく)で知られる国名勝の秋保大(あきうおお)滝や天然記念物の姉(あね)滝がかかり、大断崖(だんがい)の磐司(ばんじ)岩の奇勝などがある。二口温泉がわき、行楽の拠点をなす。下流の磊々(らいらい)峡とともに二口峡谷県立自然公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二口峡谷
ふたくちきょうこく

宮城県中部、仙台市太白区にある名取(なとり)川上流の峡谷。秋保(あきう)大滝から山形県境の二口峠付近までの約8キロメートルをいう。東北地方随一の瀑布(ばくふ)といわれる秋保大滝(国の名勝)、甌穴(おうけつ)と滝とが結合した姉滝(国の天然記念物)、凝灰岩柱状節理の大岩壁をなす磐司(ばんじ)岩(国の名勝)などがあり、下流の磊々(らいらい)峡とともに県立自然公園となっている。一帯はカモシカ、ニホンザル、ブッポウソウの生息地である。名取川に沿って主要地方道仙台山寺線(二口街道)が二口温泉まで通る。また、渓谷の入口には、この地域の自然を模型やパネルで紹介する秋保ビジターセンターがある。仙台駅と仙山(せんざん)線愛子(あやし)駅からバスの便がある。[後藤雄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の二口峡谷の言及

【秋保】より

…近年は仙台近郊の保養行楽地となり,森林スポーツ公園,ゴルフ場などの施設も整備されている。名取川上流は二口峡谷と呼ばれ,秋保大滝(名),姉滝(天),妹滝,磐司岩(名)などが続く景勝地である。馬場には平家の落人伝説をもつ田植踊(重要無形文化財)が伝えられている。…

※「二口峡谷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二口峡谷の関連キーワード名取川(宮城県)天然記念物作並温泉下流行楽

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android