秋保温泉(読み)あきうおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋保温泉
あきうおんせん

宮城県,仙台市南西部の温泉。名取川渓谷に位置し,仙台の奥座敷として施設の近代化が進んだ。飯坂,鳴子とともに奥州三名湯の一つといわれ,古くから湯治客に利用されている。泉質硫酸塩泉食塩泉泉温は 24~60℃。峡谷美で知られる々 (らいらい) 峡秋保大滝があり,特に紅葉,新緑時は絶景

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

あきうおんせん【秋保温泉】

宮城県仙台市太白区、名取なとり川中流にある食塩泉。「名取の御湯」として知られる。奥州三名湯の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕秋保温泉(あきうおんせん)


仙台市太白(たいはく)区、名取(なとり)川中流に沿う行楽向きの温泉。鳴子(なるこ)温泉・飯坂(いいざか)温泉と並ぶ奥州(おうしゅう)三名湯の一つ。江戸時代には藩主伊達(だて)家御用で「名取の御湯(みゆ)」とよばれた。近くの磊々(らいらい)峡は覗(のぞき)橋を中心に奇勝が連続、対岸には森林スポーツ公園がある。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。泉温60.4℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋保温泉
あきうおんせん

宮城県仙台市太白区(たいはくく)にある温泉。名取川中流に湧出(ゆうしゅつ)する。飛鳥(あすか)時代から「名取の御湯」として知られたと伝え、飯坂(いいざか)、鳴子(なるこ)とともに奥州三名湯の一つ。藩政時代には藩主伊達(だて)家の入湯場があった。泉質は塩化物泉。JR東北本線仙台駅よりバスが通じる。近くに磊々峡(らいらいきょう)、秋保工芸の里などがある。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あきう‐おんせん ‥ヲンセン【秋保温泉】

仙台市太白区秋保町、名取川の中流に位置する弱食塩泉。名取の御湯(みゆ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

秋保温泉の関連情報