コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名取川 なとりがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名取川
なとりがわ

宮城県中部,奥羽山脈二口峠付近に源を発し,東流して仙台湾に注ぐ川。全長 55km。碁石川,広瀬川の支流をもつ。両支流に釜房ダム,大倉ダムがあり,仙台,塩竈,名取3市の上水および工業用水の水源となっている。流域には秋保,川崎,愛子 (あやし) の小さな盆地があり,河岸段丘が発達。本流には二口峡谷秋保大滝磊々峡 (らいらいきょう) があり,また二口温泉,秋保温泉のほか広瀬川上流の作並温泉も含め,仙台市民のレクリエーション地帯である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なとり‐がわ〔‐がは〕【名取川】

宮城県中南部を東流する川。奥羽山脈の二口峠付近に源を発し、仙台市と名取市の境で仙台湾に注ぐ。流域に秋保(あきう)温泉がある。[歌枕]
「陸奥(みちのく)にありといふなる―なき名とりては苦しかりけり」〈古今・恋三〉
狂言。新米の僧が法衣に書いた法名を誤って名取川の水で消してしまうが、土地の者とのやりとりでその法名を思い出す

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

名取川【なとりがわ】

宮城県中部の川。長さ55km。奥羽山脈の二口峠に発して東流し,仙台平野南部(仙南平野)を形成,広瀬川を合わせて仙台湾に注ぐ。《枕草子》にみえ,古くから歌に詠まれる。
→関連項目宮城[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なとりがわ【名取川】

宮城県中部を東流する川。幹川流路延長55km,全流域面積939km2。奥羽山脈の二口峠(934m)付近に発し,上・中流部では第三紀の凝灰岩を切って二口峡谷や磊々(らいらい)峡の奇勝をつくり,中・下流部で碁石川,広瀬川などを合わせて仙台湾に注ぐ。上流に二口温泉(セッコウ泉,23~32℃),秋保(あきう)温泉(食塩泉,24~60℃)があり,碁石川には釜房ダムがある。仙台から名取川,碁石川に沿って笹谷街道(国道286号線)が山形へ通じ,近世には重要な物資輸送路であった。

なとりがわ【名取川】

狂言の曲名。出家狂言。大蔵,和泉両派にある。比叡山に上り受戒した僧が,もの覚えが悪いので希代坊(きたいぼう),不肖坊(ふしようぼう)と二つまで名をつけてもらい,これを両袖に墨で書きつけて,忘れないようにと,平家節,謡(うたい)節などさまざまの歌い物に名を織りこんで口ずさみながら行く。やがて大河に出会い,川を渡る途中で深みに落ち,ぬれねずみになってはい上がると,袖に書きとめておいた名前が消え失せている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なとりがわ【名取川】

◇ 宮城県中南部を東流する川。長さ55キロメートル。奥羽山脈の二口峠付近に発し、仙台湾に注ぐ。⦅歌枕⦆ 「陸奥みちのくにありといふなる-なき名とりては苦しかりけり/古今 恋三
狂言名(別項参照)。

なとりがわ【名取川】

狂言の一。物覚えの悪い僧が、つけてもらった自分の名を忘れぬようにと衣の両袖に墨書する。ところがさしかかった名取川で深みにはまり文字が消えたので、あわてて川の水をすくいまわる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕名取川(なとりがわ)


宮城県南部を流れる川。1級河川(名取川水系)。延長55km。流域面積939km2。奥羽(おうう)山脈の二口(ふたくち)峠東麓(とうろく)に源を発し、東流して仙台・名取両市境で仙台湾に注ぐ。下流部で支流の広瀬(ひろせ)川を合流。上流に二口峡谷・秋保(あきう)大滝があり、中流南岸に秋保温泉がわく。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

名取川の関連情報