コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磨き粉 みがきこ

3件 の用語解説(磨き粉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磨き粉
みがきこ

物体の錆やよごれを落し,美観を保つために使用する粉末の総称。家庭の食事用具や仏具などには昔は灰などが用いられたが,ケイ藻土,白亜,軽石,炭酸カルシウムなどの混合粉末に中性洗剤を加えたクレンザー磨き粉一般をさすようになった。磨き粉は粒子が細かく,磨く物体よりも軟らかくなければならず,特に金属製品などの貴重品用はこの条件を満たすものでなければならない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みがきこ【磨き粉】

物を磨くのに用いる粉末。磨き砂。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磨き粉の関連情報