コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯貝英夫 いそがい ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯貝英夫 いそがい-ひでお

1923- 昭和後期-平成時代の国文学者。
大正12年1月2日生まれ。昭和45年広島大教授。61年ノートルダム清心女子大教授。「森鴎外(おうがい)―明治二十年代を中心に」で鴎外の実証的研究をすすめた。愛知県出身。広島文理大(現広島大)卒。著作に「昭和文学作家研究」「文学論と文体論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

磯貝英夫の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正キネマ旬報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone