コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯貝英夫 いそがい ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

磯貝英夫 いそがい-ひでお

1923- 昭和後期-平成時代の国文学者。
大正12年1月2日生まれ。昭和45年広島大教授。61年ノートルダム清心女子大教授。「森鴎外(おうがい)―明治二十年代を中心に」で鴎外の実証的研究をすすめた。愛知県出身。広島文理大(現広島大)卒。著作に「昭和文学作家研究」「文学論文体論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

磯貝英夫の関連キーワード渋江抽斎(森鴎外の小説)高瀬舟(森鴎外の小説)妄想(森鴎外の小説)ヰタセクスアリスうたかたの記最後の一句遙拝隊長山椒大夫阿部一族井伏鱒二寒山拾得山椒魚黒い雨舞姫青年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android