コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磯辺 イソベ

デジタル大辞泉の解説

いそ‐べ【×磯辺】

磯のほとり。いそばた。
海苔(のり)を用いる料理・菓子をいう語。辺和(あ)え・磯辺餅(もち)・磯辺揚げ磯辺巻きなど。

おし‐へ【×辺】

「いそべ」の上代東国方言。おすひ。
「駿河の海―に生ふる浜つづら」〈・三三五九〉

おす‐ひ【×辺】

「いそべ」の上代東国方言。おしへ。
「葛飾(かづしか)の真間(まま)の手児奈(てごな)がありしかば真間の―に波もとどろに」〈・三三八五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いそべ【磯辺】

のりを用いる料理に冠する言葉。磯辺和え・磯辺揚げ・磯辺焼きなどがある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いそべ【磯辺】

磯のほとり。いそばた。
海苔のりを使用した料理・菓子につける語。「磯辺揚げ」「磯辺玉子」「磯辺巻き」など。磯。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

磯辺
いそべ

のりを添えて用いる料理をいう。単に「磯」ということもある。代表的なものは磯辺焼きで、餅(もち)を焼き、砂糖、しょうゆを用い、のりで巻いたものをいう。磯辺揚げは、材料に衣をつけ、焼きのりを細かくしてふりかけてから揚げるもの、材料をのりで包んでから衣をつけて揚げるものがある。また小麦粉に卵と水を加えて揚げ物の衣をつくり、その中に焼きのりを細かくして加え、揚げる場合もある。磯辺という料理は、のりの香りと味をほのかに楽しむのが目的であるから、上等ののりを用いないと特徴が出ない。ときには香りのよい青のりを用いることもあり、生(なま)のりを使用することもある。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

磯辺の関連キーワード日本料理/おもな調理用語イーストレーク フランク磯(海や湖の岸)兵庫トヨタ自動車ボンテンペッリイーストレイクイーストレーキチャヤーノフボルジェーゼ磯辺弥一郎うつたえに松風(能)オエッティモレッティ多田鉄之助福島慎之介沖つ島守仲里依紗海苔和え間の山節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

磯辺の関連情報