コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礪波志留志 となみの しるし

2件 の用語解説(礪波志留志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

礪波志留志 となみの-しるし

?-? 奈良時代の豪族。
越中(富山県)礪波郡を領した。天平(てんぴょう)19年(747)米3000石を東大寺大仏の鋳造のために寄進,無位から外従五位下となる。天平神護(てんぴょうじんご)3年(767)越中員外介(いんがいのすけ)に任じられる。東大寺に墾田100haを献じて従五位上にすすむ。のち伊賀守(いがのかみ)。氏は利波とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

礪波志留志

生年:生没年不詳
越中国礪波郡(富山県)を本拠とする,奈良時代の郡司級地方豪族。氏は利波とも書く。天平19(749)年9月,東大寺盧舎那仏(大仏)の知識物として米3000石(今量約1200石。5000石ともいう)を寄進,無位から一躍外従五位下に叙さる。天平神護3(767)年3月20日越中員外介に任じられ,同日東大寺に墾田100町を寄進,従五位上に昇叙。同年越中国内の東大寺領荘園の検校を行い,文書や絵図に署名を残す。宝亀10(779)年2月伊賀守となる。地方豪族が財力を背景に国守にまで昇った例は少ない。青衣女人で知られる東大寺お水取りの過去帳に「米五千石奉加利波志留志」と記され,今も毎年読みあげられている。<参考文献>米沢康『越中古代史の研究』

(原秀三郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

礪波志留志の関連キーワード砺波平野根城越中砺波安藤兵九郎太田伝右衛門太三郎(1)多治比部北里長崎村茂右衛門宮崎定範

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone