コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

糸瓜/天糸瓜 ヘチマ

デジタル大辞泉の解説

へちま【糸瓜/天瓜】

ウリ科の蔓性(つるせい)の一年草。巻きひげで他に絡みつく。葉は手のひら状に浅く裂けていて、長い柄をもつ。夏から秋、黄色い雄花と雌花とを開き、濃緑色の実を結ぶ。実はふつう長さ約60センチの円柱状で、若いものは食用になり、熟したものは果皮などを取り去った網状繊維を入浴たわしに用いる。茎からは糸瓜水をとり、化粧水や咳止(せきど)め剤にする。 秋 花=夏》「痰(たん)一斗―の水も間に合はず/子規
つまらないものをいうたとえ。へちまの。「理想も―もない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

糸瓜 (ヘチマ・イトウリ)

学名:Luffa cylindrica
植物。ウリ科の一年生つる植物,園芸植物,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

糸瓜/天糸瓜の関連キーワード藤浪与兵衛(初代)そうめんかぼちゃ糸瓜・天糸瓜安藤橡面坊福田 把栗ヘチマ水正岡子規いとうい巻きひげ金糸瓜ヘチマ糸瓜忌獺祭忌子規忌鉢坊主義訓忌日欲気思う

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android