コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保障負担率 しゃかいほしょうふたんりつsocial security burden ratio

1件 の用語解説(社会保障負担率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会保障負担率
しゃかいほしょうふたんりつ
social security burden ratio

マクロ的に年金や医療保険などの社会保障の負担の水準を見るため,その負担額と国民所得との比をとったもの。国際比較によく用いられる。日本は西欧諸国に比べると年金の成熟度が低く国庫負担依存度も高いため負担率は低かった (1994年見込 13.4%) が,高齢化が急速に進展する中にあって,これまでと同じ給付水準を維持するためには,この負担率も徐徐に高まらざるをえない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone